2018年6月16日土曜日

「箱根観光ホテル」のコーンブレッド






コーンブレッドは箱根観光ホテルのに限る。
ブレッドといってもイーストで膨らませるパンじゃなくて、甘くないパウンドケーキのようなもの。ホテルで粉を買ってきて、卵とバターと牛乳を加え自宅のオーブンで焼くのだ。たっぷりのバターとコーンの甘い香りと荒いコーングリッツの歯ざわり。ずっしり重く、表面はサクッと、中はしっとりほろほろの感じが何とも良いのだ。
でも、今では箱根観光ホテルという名前を知らない方も多いことだろう。






箱根には良い思い出も、そうでない思い出もある。
ずっと昔、箱根は大人の避暑地だった。今でも理事長に細川護熙氏がおさまる名門だが、「箱根カントリー倶楽部」が名実ともに日本一のゴルフ場だった頃、そこへ続く一本道に面したイタリ地区に母方の祖父の別荘があった。祖父の家族は全員箱根カントリー倶楽部の会員だった。僕も初めてクラブを握りプロにゴルフを教わったのはここだ。高台に位置する別荘からは、箱根カントリー倶楽部の緑のコースが全て眼下に見下ろせた。そして遠く富士山の頂と箱根外輪山の稜線がぐるりと見渡せた。同じ建物にお住いの評論家の竹村健一さんとビリヤードとか卓球をやったりしていたらしい。子供の頃のことだけどね。

大人になり、母は相続したこの別荘に通えなくなり、僕は物件の売買に立ち会わなければならなかった。簡単な契約を交わしただけで、3代に渡る僕たちの思い出の詰まった別荘は、一級建築士だという男性のものになった。彼が人物として一級かどうかまでは僕にはわからない。ただ、そういう意味も含め、無念だった。






子供の頃、箱根で「何を食べようか?』となると、妹のリクエストは「箱根観光ホテル」のスパゲッティーミートソース。僕の方はいつも、店の名前は覚えていないけれど薄暗い藪に囲まれた日本建築のその店の「雉重」と言っていた。僕にとって雉が食べられるのは箱根でしか出来ない特別な事だと何となく感じていたからだ。
ところが、大人になって「雉を使っていないものに雉という商品名をつけて販売してはならなくなった」というニュースを耳にすることとなった。これは言い換えれば鶏肉を調理して「雉重」としている店もあったということなのだ。う〜ん、僕が有難がって食べていたのは正真正銘の雉だったのだろうか、それとも、ただの鶏肉だったのだろうか?
とは言っても、今でも箱根は野生の雉の生息地だし、それに、子供ながらに高価な食べ物と感じていた記憶もある。おそらく、あれは本物の雉だったと思いたい。


今年、2018年の1月、「パレスホテル箱根」が閉館した。
このホテルの前身こそ、僕が子供だった頃のあの「箱根観光ホテル」だったのだ。
特別な場所がまたひとつ・・・。





オフィスプロモ(株)代表取締役 古荘洋光











2018年4月22日日曜日

デュカ

頂きもののこれ、デュカとかダッカとか言うのだそうです。バゲットをオリーブオイルにつけてからデュカにディップして食べると香ばしくてなかなか美味しいのですよ。

  
ランドゥメンヌ・トーキヨーのバゲット。
原材料は、カシュー、ゴマ、クミン、コリアンダー、ガーリック、バジル、塩、胡椒など。
お試しあれ。



オフィスプロモ(株)代表取締役 古荘洋光









2018年1月14日日曜日

ガレット・デ・ロワ







私の頭上に金色の王冠が乗りました!

・・・こうなったのには理由があります。

事の発端は某ラジオ局の弊社担当女史が異動になったことです。私の関係する方の異動がこんなにも残念なことはありませんでした。この方の尽力で今から7年前に「脚本賞」が創設される事になりました。以降、弊社はこの脚本賞の運営に関与しております。

私はこの弊社担当女史に何か感謝の品物を贈りたいと考え、妻に相談しました。ハンカチは好みもあるだろうし、お花が良いのではないか。ただし、相手がお年頃の女性でもあるのであまり仰々しいものはダメということになりました。どこの花屋が良いかというアドバイスも貰い、私は営業担当の引き継ぎと顔合わせの日にこのお花を神谷町にあるラジオ局の会議室で弊社担当女史へ手渡すことができたのです。

それは良かったのですが、思えば最近は妻に面と向かって花を渡せていないこと、そんなことを忘れ、よりによって妻にどんな花をどこで求めたら良いか相談してしまったことが反省されました。何よりも私が最も感謝しなければならない女性は誰あろう妻だったからです(実の母親は置いておいてですが)。私は神谷町のラジオ局を出る頃には、そこから歩いて六本木交差点近くの「ある花屋」へ向かうことを決めていました。

飯倉片町交差点手前に差し掛かると、早足で歩く私の視界にメゾン・ランドゥメンヌ トーキョーが入ってきました。ここもまた別のラジオ局ではありますが取材でお世話になったお店です。一年前、ここの焼きたての『新年を祝う焼き菓子』をいただきとても美味しかったのを憶えていた私はちょっとこの店に寄り道をしました。

その後、シューマッハのドライブしたF1マシーンF2005を展示中のロッソスクーデリア、アクシスを抜け、GOTO  FLORISTに到着。こちらにしたのは妻が最も喜ぶ花屋と確信していたからです。プロポーズの花束がこちらの薔薇でしたから。この日は悩むことなくメッセージカードに素直な気持ちを書くことができました。

さて、夕食後のデザートに、家族で『新年を祝う焼き菓子』、ガレット・デ・ロワをいただきました。切り分けたお菓子のカットに幸運の陶器「フェーブ」が入っていたのは、何と、私だったのです。それで私が「紙で出来た王冠」をかぶったという訳です。



フェーブと王冠



この晩に一番「はしゃいだ」のは、花を受け取った妻でも美味しいお菓子にありついた息子でもなく、実は私だったかもしれません。

  
オフィスプロモ(株)代表取締役 古荘洋光






花束は贈る側の男も幸せにします。










2018年1月1日月曜日

おせち






明けましておめでとうございます。




愚息が人参を切った私作松前漬
私作無漂白数の子
愚息が種を抜いた私作金柑蜜煮
私作京都栗きんとん
金沢カブラ寿司
京都千枚漬
義母作なます。イクラ乗せ
義母作丹波黒豆、
妻作伊達巻、義母作昆布巻。焼き蛤、鬼殻焼。
妻作筑前煮
頂き物、かまぼこ!

妻作白味噌鴨雑煮
花びら餅




皆様にとって輝かしい年になりますように。


オフィスプロモ(株)代表取締役 古荘洋光












命名「シロ」





2017年12月8日金曜日

はいチーズ!





昔から写真を撮る時に「はい、チーズ!」と言うじゃないですか?
あれって子供の頃からどうもしっくりこないんですよね。
何でチーズ?日本人ってそんなにチーズって食べるのかな?って。
みんなが思い浮かべるのはどのチーズ?とも気になります。給食で出た四角い銀紙のプロセスチーズ?三角の6Pチーズ?外国の本格的なやつ?まあ、そこにいる全員が同じ種類のチーズを思い浮かべる必要もないんだけどね。
それに、「チー」の時はいい顔だけど「ズ 」の時の顔は写真には不向きでしょ。
もっとも、シャッター切られるまで「ズぅ〜」って渋い顔で待ってる人も居ないかもしれませんね、はい。



『クールドリヨン・カマンベール』(熟成し過ぎでオレンジ色になると別物に変身)、ウォッシュの『ピエダングロア』(うちの定番)、『ブルー・ド・ブルビ・レガリス』(ブルビ=羊乳ね)、ロスチャイルド家の『モー・トリュフ』(黒い層がトリュフ)







ウォッシュの『ポンレヴェック』、頂き物の『ダフィノア・トリュフ』(黒い粒つぶがトリュフ)何て幸せ。ごちそうさまでした!




写真の掛け声のお話でしたね。
私が好きなのは「1+1は?」って、あれね。
あれって何度聞いても慣れずに面白くないですか?
思い出しただけで力が抜けてニヤケてしまいます。




オフィスプロモ(株)代表取締役 古荘洋光


(ちょっと調べてみたら写真を撮る時の「チーズ!」は元々フランスに存在していたみたいですね。それを日本のチーズ会社がテレビCMに使って広まったとのことです。へぇ〜。)




 
『シロネ』はアミノ酸のシャリシャリ。ピノ・ノワールの絞りかすで磨いた『ヴェリーノワール』は干し海老の香りも。


2017年11月26日日曜日

「黄金の山」という名のチーズ

最近、夕食後にチーズをいただくのが楽しみです。早くチーズが食べたくてつい夕飯をさっさと片付けたい気分になることもあるくらいですが、その原因がこの季節にしか食べられない種類のチーズだったりもします。



 この季節、そう、チーズのモンドール(Mont d'orフランス語で「黄金の山」のこと)が出回る季節なのですよ。



モンドールは9月ごろから出回りますがいよいよ熟成も進みシーズンも本番。


うちではモンドールこそチーズの至高としていて、それこそ「モンドール様」と崇めており、他のチーズとは別格の歓迎ぶり。モンドール様を中心にして、周りで手を繋ぎ輪になって踊れそうです。いつもより大きなグラスでワインを用意。ワインもor(金賞)で。



カットのものを購入したりもしますが、気分が上がるのは木の皮がついた奴ですね。今晩のも木箱入りですが、その中に木の皮で包まれたチーズが収まっているのです。香りが良いですね。




これをメインディッシュの後にレストランで提供するとき、それを横目で見ながらシェフはどんな気持ちなんだろうといつも考えてしまいます。こんな濃密な味を、こんな滑らかな舌触りを、こんなに快感を得られる香りを、メーターを振り切るほどの旨味を、人間がどうやって小細工したって作れないじゃないですか。私だったら嫌だな、つい今しがた自分の提供したクリーム系のソースと比べられそうで。


モンドール様にはフランス産とスイス産があったような気がしますが、それが正しいのか、今晩のはどっちだったのか、今となってはボルドーのせいで良い気持ちになってしまいまして、まあ、美味しければ良いのですよね。





いやあ、美味しかった。
モンドール様の木箱の蓋をそっと閉じて、
残りは、また、次回のお楽しみ。

オフィスプロモ(株)代表取締役 古荘洋光






後日、今度は箱ごと焼きました。

熱でとろけたモンドールのフォンデュ。








2017年10月14日土曜日

手作りマロングラッセ



マロングラッセを手作りしてみました。
九州の大粒の栗で作ったらどうなるのかなと思いまして。

加糖し煮詰めて4日後、糖分が表面に結晶しました。

一粒ずつタコ糸で縛って、グラッセになるまで4日要しましたが、なかなかの色艶、香り、味。「本当に出来ちゃうんだなあ。」というのが作った本人の感想。


手作りのマロングラッセ一粒で41グラムあります。

大粒の手作りマロングラッセが16粒出来ました。

栗蜜もたっぷり出来ました。クリームチーズにかけたり、コーヒーに入れたり。小布施で瓶入りの栗蜜ばかりずいぶん買ったのを思い出します。自家製の方がずっと香りが濃いですね。
大粒のマロングラッセが16粒と栗蜜が1キロちょい。
かかった費用は全部で1000円程。
(因みにフランス製MdCのあの小さなマロングラッセだったら1000円じゃ1粒半しか買えませんからね。)

安いけど、作るのは大変でした。まず、栗の果肉を傷つけずに渋皮を美しく完全に剥くのは至難の技であること。完全に剥いたつもりが、実はまだ全部渋皮だったとかあるんですよ。
そして、仕上がるまでに半分以上の粒が割れること。割れてもタコ糸で縛ってあるのでバラバラになりません。もちろん売り物にはなりませんし、そんなつもりもありませんので、まあ良いのですが。

大変ですが、煮詰めていきグラッセになるその成長過程が楽しかったです!朝顔を種から育てて観察日記を書いて花が咲いた時の喜びを覚えていますよね?あれのミニサイズ版とでも言いましょうか?日に日に成長していくのが実感できるんですよね。


マロングラッセ作り、2回目の挑戦です。

水とグラニュー糖、バニラビーンズ、ほんの少しのバーボン。それだけ。

今回は長野産の栗。ひと際、大粒。

グラッセとはガラスのこと。ガラス細工のような透明感あり。満足。



成長を確認したその瞬間に立ち会えることは嬉しいことです。
おこがましいですが、成長を手助けしていることにやりがいを感じます。
結果として自分も少しずつでも成長しているとしたら良いのですが。
成長そのもの。それこそが素晴らしい。
いえ、マロングラッセのお話ではないのですが。


 オフィスプロモ(株)代表取締役 古荘洋光






2017年7月9日日曜日

牡蠣の塩辛と曜変天目



暑い暑いこんな日は、さっぱりと参りたいですよね。



仙台。『十字屋』牡蠣の塩辛。

和歌山。純米吟醸『夏の疾風』。





京都。『京つけもの きたの』加賀太きゅうり 水茄子。



今日の盃は曜変天目。


曜変天目といえば、
最近『なんでも鑑定団』で話題になりましたね。
放送前に大発見とのニュースになっていたので私も録画して見ましたよ。
番組では本物と鑑定されましたが、あれは、出来の悪い偽物ですね。
骨董屋とか評論家は自分で作ったのでもないのに能書きを垂れる。
作らなければ分からない。
作ると見えてくるものがある。
何れにしても知ったかぶりは良くないですなあ。

じゃあ写真の曜変天目は本物かって?
そりゃあ、正真正銘の偽物ですよ。
何しろ作った私が言うのですから間違いございません。



オフィスプロモ(株)代表取締役 古荘洋光








2017年6月18日日曜日

ソフトボイルド。ハードボイルド。




ゆで卵って美味しいですよね。
生卵を3分30秒茹でるだけ。
水にとってはダメ。
熱々のソフトボイルド、ね。
私は塩も振りません。






"狼は生きろ、ブタは死ね。"
これは、ハードボイルド、ね。


オフィスプロモ(株)代表取締役 古荘洋光